ピルの副作用

ピルの副作用を軽減するために、配合される卵胞ホルモンの量を減らしてゆき、それで完成したピルを低用量ピルと言います。
さらに副作用の軽減のために研究され、製造されたものを、超低用量ピルと言います。
しかし、身体の作りは人それぞれであり、超低用量ピルだからと言って、万人にまったく副作用が出ないということもありません。
逆に、低用量ピルではないピルであっても、まったく副作用が出ないかたもいらっしゃいます。
結局のところ、ピルの選択は、ご自身の身体で試してみるのが一番なのです。
副作用そのものは、危険なものではありませんので、初めて服用するときには、しばらくの間、副作用を感じたとしても、その後、ホルモンの量に慣れてゆくことで、だんだん感じなくなってゆくというのが一般的です。
ですから、ピルをはじめて服用するときや、別のものに変更してみようかなと思ったときには、数カ月程度、様子を見るのが望ましいでしょう。
ところで、その副作用の内容ですが、これからピルを服用しようと思っていらっしゃるかたは、それが気になりますよね。
巷では、ピルの副作用は怖いというような噂もよく耳にしますからね。
ピルの副作用と言われているものを挙げてみましょう。
・吐き気
・むかつき
・頭痛
・片頭痛
・むくみ
・乳房のはり
・乳房の痛み
・下腹部痛
・下痢
・体重の増加
・少量の不正出血
などです。
ほとんどの場合、ピルを服用しはじめてからの数日間程度ですぐに慣れるものですが、もちろん個人差はあります。
これらの副作用を重いものと感じるか、軽いものと感じるかも人それぞれですが、とにかくこのような不快感を少しでも減らすために、低用量ピルが開発され、さらに超低用量ピルが開発されたわけです。
超低用量ピルであれば、多くのかたの副作用は本当に軽いもので済む場合が多いので、ぜひ一度、お試しになってみてください。
副作用というと、すぐに怖いというイメージがつきまといますが、通常、当たり前のように服用する風邪薬や胃薬などにも副作用はあります。
副作用を感じるかたもいれば、感じないかたもいるということですね。
ピルだからといって、あまり大袈裟に考えすぎずに、普通の薬と同じように考えると良いですよ。

ピルの服用が駄目な人々

さまざまな理由から、妊娠を望まない女性は多いです。
まだ日本が経済的に豊かではない時代には、子供ができると食費がかかるために、非常に困りました。
その時代には、これといった避妊対策もなかったために、妊娠することを避けられずに子供が次々にできてしまいました。
その結果、大昔の家族は大家族が多かったのです。
そして貧しかった。
あなたのお爺さんやお婆さんは、兄弟姉妹が多くないですか。
あなたの年齢によっては、ひいお爺さんや、ひいお婆さんの時代の話しになるかもしれませんね。
時代が進むとともに、家族をきちんと養えないほど子供を産むのは大変だということで、いくつかの避妊方法が考えられてきました。
そのひとつが、経口避妊薬の「ピル」です。
ある程度の年齢のかたは、ピルの存在を洋画や海外のドラマなどから知ったのではないでしょうか。
ピルは最初、欧米で浸透した避妊法でした。
日本で解禁になってからは、まだそれほど長い月日がたったわけではありません。
我が国なりにいろいろと検討した結果、やっと解禁になったと言うべきでしょう。
ピルは、避妊にはとても良い方法でありながらも、これといって大きな副作用が表れるということもありません。
いくつかあります避妊方法の中でも、女性の側から積極的に出来る避妊といえば、やはりピルが一番ではないかと思います。
ですので、今現在、ピルの服用をお考えのかたは、とりあえず一度服用してみてはいかがでしょう。
ひと口に「ピル」と申しましても、種類はいくつかあります。
近年、一般的なのは「低用量ピル」ですが、「中用量ピル」というタイプもありますし、最近では「超低用量ピル」というタイプもあります。
用量が「中用量」とか、「低用量」とか、「超低用量」とかいうのは、一体どのようなことなのでしょう。
普通に考えますと、ピルに配合されている何かしらの成分の量が、多いか少ないかというように受け取れますよね。
実際にその通りでして、その成分というのは「卵胞ホルモン」の量のことなのです。
卵胞ホルモンが中程度の量、配合されているのか、それとも低用量であるのか、超低用量であるのかということで種類別になっています。
そして、とても少ない配合で効果もしっかりと出るのが「超低用量ピル」というピルなのです。

ピルの飲み忘れ

ピルは、毎日、必ず服用してこそ避妊の効果がでるという避妊薬です。
いえ、正確には服用しない期間があったり、偽薬を服用したりする期間もあるにはありますが、服用しなくてはならない期間には、必ず飲み忘れが無いように、しっかりと自己管理をしなくてはなりません。
そうとはいえ、やはり人間ですから、飲み忘れることだってありますよね。
いくら服用するのが習慣になっていたとしても、他になにか気をとられることがあったときなどは、簡単に飲み忘れてしまうものです。
そのような場合には、どうしたら良いのでしょうか。
それを、一言で申し上げることは出来ません。
どの時期に、どのくらいの回数、飲み忘れたのかによって、答えが異なるからです。
それをご説明しますので、どうぞ参考になさってください。
ピルは1日1錠ですので、1日の飲み忘れと、1錠の飲み忘れは同じだとお考えになってください。
・ピルを1~2日飲み始めるのが遅れてしまった、あるいは、1~2日飲み忘れてしまった場合。
飲み忘れたことに気付いた時点ですぐに1錠を服用してください。
そして、その後は1日1錠の服用を継続してゆきます。
・ピルを3日以上飲みはじめるのが遅れてしまった、あるいは3日飲み忘れてしまった場合。
それが、1~2週目だった場合で、性交が行われなかったり、他の避妊方法を行った場合には、すぐに1錠を服用して、その後は1日1錠の服用を継続してください。
それが、1週目であった場合で、さらに何も避妊をせずに性交が行われたという場合。
妊娠したくないのであれば、できるだけすぐに病院へ行き、アフターピルを処方してもらってください。
それが3週目の飲み忘れであった場合。
気付いた時点ですぐに1錠を服用し、その後は1日に1錠の服用を継続し、最後のピルまで服用します。
その後、偽薬を服用する期間に入りますが、そこで偽薬の服用はせずに、次のシートのピルを服用し始めてください。
飲み忘れの場合の対処法は、以上ですが、念のため、ピルを処方してもらうときに、医師の説明をしっかりと聞いておいてください。
この、ピルの飲み忘れのための対処法につきましては、超低用量ピルにも当てはまります。
卵胞ホルモンの配合が少なかったとしても、避妊薬としての役割はしっかり果たすのが超低用量ピルです。
くれぐれも飲み忘れには注意しましょう。

TOPへ